【散策ガイド】新美南吉の言葉と風景

『ごんぎつね』で知られる作家・新美南吉。 1943年、咽頭結核により29歳の若さで亡くなりました。 20世紀初頭、世界中で結核が蔓延し、当時は”不治の病”として恐れられていました。 ”Withコロナ” […]

【新美南吉作品に触れる】今こそ読みたい、南吉の言葉。ー 一年生たちとひよめ ー

今こそ読みたい、南吉の言葉。 〜ふるさと半田でものがたりの風景に出会う旅〜 南吉の生きた時代、日本における死因の第1位は結核でした。結核は日本だけではなく20世紀初頭には世界中で蔓延しており、かつては […]