【散策ガイド】新美南吉の言葉と風景

『ごんぎつね』で知られる作家・新美南吉。

1943年、咽頭結核により29歳の若さで亡くなりました。

20世紀初頭、世界中で結核が蔓延し、当時は”不治の病”として恐れられていました。

”Withコロナ”が日常となって1年が過ぎました。

今、南吉の言葉を読み返すと疫病、あるいは”死”から逃れ得ない、

人の苦悩と不安、それと向き合う気概や希望がいっそう伝わってきます。

彼の愛した岩滑・半田の風景をゆっくり歩くと、小さな生き物や野花たちに出会えます。

作中に描かれた暮らしに想いを馳せながら、コロナ禍前後の半田市で撮影した写真の作品展です。

知多デザイン事務所 吉田雅彦


新美南吉記念館_せせらぎの径
矢勝川のきつね
矢勝川の彼岸花
常夜灯
新美南吉の生家
新美南吉の生家
新美南吉の生家
新美南吉の生家
新美南吉の生家
新美南吉の生家
住吉神社
住吉神社
住吉神社
宮池と半田赤レンガ建物

 

新美南吉の言葉と風景フォトブック

¥1,100円税込

吉田雅彦

下記からご購入ください。

https://gongift.theshop.jp/items/50679463