【プロジェクト】童話の森を楽しむプロジェクトvol.4

人生二度なし。今日も木を切ります。

 

森の時間は落ち着きます。

ただ木を切り、運び、空を見上げを繰り返す。とても良いです。

今日は童話の森の頂上「花のき広場」周辺と南東に続く散策路の整備。

童話の森 花のき広場周辺の整備

まずは「花のき広場」。ここは、大事な場所です。

まずは権狐の碑があります。皆さんに見ていただけるように入口の木、笹を切ります。ここには草稿の際の話に出てくる「ヒサカキ」や地元の木「柊」があります。「柊」は若いうちは葉がトゲトゲで痛いが、年数を重なると葉が丸くなるそう。リーダーの大橋さんは俺みたいと言って説明してくれました(笑いながら言っていたような気がしますが、私の妄想かも)。

柊の花
花のき広場にも光を

 

二つ目に、自然観察路の出入口があります。

花のき広場脇のごんぎつねの碑の周りの整備 柊とヒサカキを活かす
自然観察路にも入りやすくなりました。

三つ目に、半田市出身の哲学者森信三さんの碑があります。

「人生二度なし。」心にきます。

人生二度なし 半田市出身の哲学者森信三

 

そして南東につながる散策路、ここがとにかく鬱蒼としており、通るのが怖い。ここを徹底的に伐採します。

童話の森の頂上 花のき広場から降りていく散策路脇の間伐
森が似合う男
散策路も光が入るようになりました。

 

切ったコナラの木を秘密の場所で乾燥中。兵十のために椎茸を栽培します。取らないでね。

コナラの木 椎茸作ります。

 

今日のメンバー

 

次回は12月19日(土)9時〜せせらぎの径の枝払いです。

今後月2回程度開催。

1月11日(月・祝)9時〜 コナラと椎茸(予定)

1月23日(土)9時〜 落ち葉集めと焼き芋(予定)