AUTUMN

【童話の森だより】童話の森だより秋号

童話の森だより 秋号 童話の森だよりは新美南吉記念館内の童話の森コーナーにて配布中です。PDFの閲覧とダウンロードはこちらからどうぞ。マップを片手に童話の森を散策しませんか? 南吉を読む 『ごんぎつね […]

【レポート】童話の森で。プロジェクト −童話の森の朗読会−

童話『ごんぎつね』の舞台でもある「童話の森」は、新美南吉記念館のとなりにある小さな森。新美南吉作品に数多く綴られている、ふるさと半田の風景、花、樹、虫たちに出会えます。 南吉童話の世界を感じられる森と […]

【レポート】童話の森で。プロジェクト −童話の森の朗読会−

童話『ごんぎつね』の舞台でもある「童話の森」は、新美南吉記念館のとなりにある小さな森。新美南吉作品に数多く綴られている、ふるさと半田の風景、花、樹、虫たちに出会えます。 南吉童話の世界を感じられる森と […]

【イベント】童話の森の朗読会 -二十六夜の朗読会-

“うれしいもかなしいもきのうもあしたも物語の中にある” 11月13日、愛知県半田市の「童話の森」に、朗読と三味線のユニット「二十六夜の朗読会」をお迎えして、森の中のステージで朗読会を開催します。 <「 […]

【散策ガイド】新美南吉の言葉と風景

『ごんぎつね』で知られる作家・新美南吉。 1943年、咽頭結核により29歳の若さで亡くなりました。 20世紀初頭、世界中で結核が蔓延し、当時は”不治の病”として恐れられていました。 ”Withコロナ” […]

【知る】ごんぎつねの舞台を知る ー地理学の観点からー

ふるさとの里地・里山の自然から作品を創造した新美南吉。「ごんぎつね」も愛知県半田市のふるさとを舞台に書かれました。 今回は、地理学の観点からごんぎつねのふるさとを紹介します。 お教えいただいたのは新美 […]

【散策ガイド】童話の森 散策ガイド

新美南吉記念館に隣接した「童話の森」。 15分ほどで一周できる散策路です。 この童話の森は「ごんぎつね」に登場する中山さまの城跡と言い伝えられてきた場所で、南吉が親しんだ知多半島の里山の自然に触れられ […]

【プロジェクト】童話の森を楽しむプロジェクトvol.5

はんの木=ハンノキはこの地域では馴染みの木です。 矢勝川沿いにも大きく立っている木で、この風景を守ために、今は亡きこの地域のリーダーであった榊原幸宏さんとシンボルにした木です。 ハンノキは『ごんぎつね […]